ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲイノナイゲイニン

久しぶりに時間ができ、テレビを流し見してみた。
ニュースやドキュメンタリー以外の番組を、なんともなく、ボーっと見るのは、数年ぶりである。

『お笑いブーム』などど、巷で言われてるらしい。
いくつかの番組を見ていたが…


芸人と呼ばれるお笑いの人間がいくつもの番組に出ていたが、
ほとんど笑う事はなかった。

番組自体の構成も『ココ、笑うところですよ』とばかりにテロップを付けるところが気に食わない。
コマーシャルの前後で同じ映像を使うのも、時間の無駄である。
しょうもない『オチ』しかないのに、あたかもすごい事がその後あるようなオープニングも期待はずれである。

また、芸人自体が、『出オチ』ばかりで、芸人ならではの気のきいたコメントもない。
『この程度なら、町中にもっと面白いヤツはゴマンといる』というレベルだ。
また、初めてみた芸人がたくさんいたが、
初めて見た俺には、その芸人の『もち芸』といわれるものは当然分からない。
テレビの『笑い声』などは、その人の『芸』を知っている前提で入っているので、
いきなりわめきだす『キレ芸』などをはじめ、何が面白いのか分からなかったものがホトンドだ。

それより何より、テレビが『編集の、やり過ぎ』と感じる場面がとても多く感じた。
製作側は『面白い』と思う事をダイジェストで流しているのだろうが、
話に前後の脈絡のないものが多く、理解するのが難しい。



見た結果持った感想は、

『笑うとこまで、テレビ局が指定するんじゃねぇ!』
『芸のない芸人が、”芸人”を名乗って、恥ずかしくないのか!』




でも納得した事があった。

こんなテレビを『面白い』と感じる人間を増やした結果、
自分で考え、判断する人材は減ってきているということだ。

それは、仕事をする上で痛感している。
若い人達と話をしていても、名前が違うだけで中身がみな『同じ』様に感じることが多い。
悲しい事に、いい歳した人達もこんな番組を見て笑っているのかと思うと、薄ら寒い思いがする。



久しぶりに見たテレビに、

技術や映像などの『文明』の進歩を感じたが、

中身のソフトなどに『文化』の香りがみられなかった。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。