ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二匹目? 三匹目?

いまさらなネタだが、一週間ほど前、つんく♂が、男性歌手コンテストを開くと言ったようだ。

もはや落ち目の『モーニング娘。の”男バージョン”か?』というようなニュースの趣旨だったのだが、
このニュースを聞いて、思い出したことがある。

それは、

『イブニング親父。』である。

今から約5年ほど前に結成されたグループだが、
当時の俺の認識は、
『藤本義一と愉快な仲間達』
というものだった。

で、つんく♂の記事を見て思い出した『イブニング親父。』だが、
ちょっと気になって検索をかけてみた。

構成メンバーは、

藤本義一(作家)
竹村健一(政治評論家)
坂田利夫(アホ!)
川藤幸三(代打)
クロード・チアリ(夜霧のしのび逢い)
南方英二(チャンバラ・トリオ)
(以上楽天より)

こんなメンバーだったのかと、今更だがびっくりした。
ドイツもコイツもといっては失礼だが、誰がこんなメンバーを…

しかも、CD『夜の街へレッツゴー。』まで出してるし…

まさしく『カンサイバンザイ!!!』って感じが…



二匹目のドジョウは~なんて話は聞くが、
三匹目のドジョウは『イブニング親父。』の劣化コピーなんてコトには…


複雑怪奇だ。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

vs 母③

母が気に入らない。

別に言い合いをするわけでも、家庭内暴力がある訳でもなく、
『冷蔵庫の中の食品管理』
が杜撰な母が、気に入らない。

俺は親と同居している。
食事の大半は母が作ってくれるので、そのことにはとても感謝しているが、
買ってきた食材を使い切らずに、次を買ってくるので、
冷蔵庫は賞味期限切れのオンパレードだ。

俺はそんなに賞味期限を気にする方ではないが、
さすがに変色しかかっている油揚げや、賞味期限を一週間も過ぎているうどんなどは、廃棄する。

自分で食事を作るときには、食えなくなる直前の食品から始末していくのだが、
あまりにも量が多いので、クレームをつけてみた。


「冷蔵庫の中身、把握してる?
献立を立ててから買い物に行くんじゃなくて、
冷蔵庫の中身にあわせて献立立てたら?
捨てるモンが多くてもったいないよ。」


すると母は一言、

「私は捨てていない!」



…当然である。
捨てるのはいつも俺だから。



なので、この機会に!と思い、

「いつもいつも、俺が調理する時は、古いものから使っている。
でも、量が多いので俺一人では消化できない。
買い物に行く前に、一度冷蔵庫を開けてみてよ」


と言うと母はアッサリ、

「あんたが使えばいいじゃないの。」





……駄目だ。

話がかみ合わない。



追い討ちをかけるように、

「あんたがそう思うのなら、全部あんたが食べなさい。
私は今から買い物に行ってくるけど、今晩、何が食べたい?
すき焼き? 水炊き? あったかい物がいいねぇ~。
ねえ、何がいい?」






…参りました。




子供心に『あれ、きれい』(注:あれ→焼夷弾が燃えているところ)
という世の中を掻い潜ってきた戦中世代の母に、
意見しても無駄だということを再度認識したが、
かといって、無駄になる食材が減るわけでなく、
今夜も一人、深夜に賞味期限切れの食品を調理することだろう(涙)

PageTop

愛・メール

先日バイトのニーちゃんと男子高校生と三人で話していた。

その話の中で、高校生は携帯電話を解約し、現在持っていないことが発覚。
理由を聞いてみると、
『彼女からメールが頻繁に来る。即座に返事をしないと、後がウルサイ』

なるほど納得。
以前、このブログで携帯電話について書いたが、携帯電話のメールに関しても、同様の意見(返信するか、しないかは、コッチの勝手)と思っている俺なので、それはチト面倒くさいと思いながらも、
「だからといって、解約するまでのことは…」と、心にもなく、ちょっとだけ彼女を弁護してみると、
「一日に200件くらいメールが来るので…」
との返事。

「に、にひゃっけん?」

たいそう驚いた。
もっと聞いてみると、一日中のべつまくなしに、メールが来るそうだ。
しかも、
『今何やってる?』
なんて内容がほとんどらしい。

俺なら、どんなに惚れてる相手でも、『今何やってる?』なんてメールが毎日来たら、百年の恋も冷めること間違いないだろう。

「別れないの?」
と聞くと、
「別れるつもりはないけど、面倒くさい。だから携帯電話を解約した」

なるほど。
高校生にしては、見事な妥協点だと感心していると、

「でも、寂しくない?」
と、バイトのニーちゃん。

聞くとバイトのニーちゃんは、一日に200~300件も彼女とメールのやり取りをし、
そのことに喜びを見出しているらしい。

そんなに相手が気になるのなら、電話をかけるなり、直接会いに行くなりすればいいと言うと、
「メールでやり取りするのがイイんっすよ」
と、これまた仰天発言。

『若さと時間の浪費』なんて言葉が脳裏によぎった。


その後ニーちゃんに、毎度毎度『何してる?』メールに対してなんと返信するのかを聞くと、
『フツー』
と返信しているそうな。

問いが問いなら、答えも答え。
笑いすぎて悶絶していると、

「りょうさんならなんて答えるんっスか?」
と聞かれたので、
「俺なら、『メール打ってる』ってコピペで返信する」
と答えると、二人そろって

「愛がない!!!」




…激しく糾弾されました。



俺、間違ってる?

…愛ってナニ?

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。