ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

初めての二丁目体験

学生時代、ちょっとした用件で東京に行くことになった。
話を聞いた友人も、それに便乗、二人での道中となった。


俺にとっては、はじめての東京。
人攫いや、詐欺師がいっぱいの大都会。
ビクビクしていた。

2泊ほどする予定だったので、学校の生協で一番安いホテルを取った。
ホテルは新宿、駅からはちょっと距離があるが、学生なので背に腹はかえられない。

出発時刻が遅かったせいで、ホテルに着いたのは夜の八時。
友人と共にチェックインし、そのまま部屋へ。

腹が減っていたので、友人を食事に誘うが、
友人は疲れて動けないと言うので、一人で食事に出かけた。

ホテルのすぐ横にモスバーガーがあったのだが、前日に食ったこともあり、パス。
モスバーガーの前の大通りをはさんだ向こう側に、ネオンが赤々と光っている。

「さすが東京、駅から遠いのにネオンが」
などと思い、そちらのほうに足を向け、適当なところを探す。


どうやら、飲み屋が多いようだと気付き、
『これなら適当な店はすぐに見つかるだろう』
そう思い、しばらく歩くことに。


『???』
しばらく歩くが、なんだか違和感。
そのまま歩くと、前からやってきた20代後半くらいの二人組みの男に、
「なにやってるの?」
と声をかけられた。
俺は正直に、「飯食いに来たんですけど…」
なんて答えると、二人組が、
「いい店知ってるんだけど、一緒に行かない?」
と誘ってくる。

『やっぱり東京は、怖いところだ』などと思い、丁寧にお断りした。

それを皮切りに、10分ほどで5~6回声をかけられる。
しかも全部男から。


さすがに『これはおかしい』と思い、住所を確かめると、

新宿2丁目

との表記が。


当時の俺は『ゲイ』なんてカルーセル麻紀くらいしか知らず、実際に遭遇したことがなかった。
二丁目についても、テレビで見たことしかなく、どこか遠くの夢の国のような認識しかなかった。

さすがに驚き、どうしようと思っていると、前から黒人がやってきて、
俺の手を握り、何か話しかけてくる。
が、全て英語。
英語がまったくわからない俺は、泡を食ったように首を横に振るだけ。

『イケる!』とふんだのか、その黒人は俺をビルの間に引き込み、
あろうことか、俺のズボンに手を突っ込んできた。

そしてその黒人は、震える俺の手を自分のイチモツに持って行き、
その上から自分の手を重ねて、動かし始めた。

今の俺なら、いいブログのネタを拾ったくらいにしか思わないだろうが、
当時の俺は、まだ10代。
花も恥らう、ナインティーンだったので、ビビって震えているだけだった。


どれくらい時間がたったのか、気付くと黒人の息が荒くなっていた。
と思ったら、手に暖かい………


スッキリした黒人は、「サンキュー」と俺のほっぺにチュ。
白い歯を見せながら去っていった。


その後、『ここにいてはマズい』と、気を持ち直し、夕飯をモスに変更。
走ってホテルに戻った。

涙目で、様子のおかしい俺に友人は訝しがっていたが…




コンナコト、ハナセマセン。








その後…





二丁目には行ってません。


というより、怖くて行けません(涙)









やっぱり東京はこわかった。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。