ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

びっくりして、119

昨日の晩、というか、今日の未明、俺は会社にいた。

タバコを吸ったり、ブログを更新したり、忙しくしていると、いきなり非常ベルが鳴り出した。

会社のビルの非常ベルが鳴るのはちょこちょこあり、
いつものことだろうと、タカをくくっていたのだが、
なぜかその日に限って鳴り止まない。

いつも非常ベルの原因は、同じビルに入っている某消費者金融での集金だったのだが、鳴り止まないのを不審に思い、
某消費者金融に見に行くと、ガードマンも誰もいない。


『もしかして、もしかしなくても火事?』


急遽深夜であるにも拘らず、大家に電話。
眠そうな声で対応する大家に非常ベルが鳴っていると知らせた。

「すぐに行きます」

心強い言葉をもらったのだが、安心はできない。


煙や焦げ臭い匂いはないのだが、不安だった俺はすかさず、119。

119で対応してくれた人は、もちろんプロなので、あせっている俺の話をまとめて、すぐに消防車を向かわせると言った。


その後大家、警備会社(消費者金融が雇っている)、消防車とたて続きに到着。



原因を調査すると…














雨。

雨が降ったため、非常ベルが誤作動したという結論だった。







…火災報知機って、雨に反応するのでしょうか。












てんやわんやな深夜の出来事だった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。