ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画はオナニー

俺は映画が苦手だ。

このことを周りの人間に言うと、
『映画、面白いのに…』
『芸術がわからない、無粋なヤツ』
という顔をされるのだが、
苦手なものは、仕方がない。
だが、その後の周りの対応が冷たいのが…

悔しいので、読書好きな俺は、
「そういうお前らは、ここ最近どんな本を読んだんだ?」
と聞くと、返ってくる答えは決まって、
「世界の中心で~」
他を尋ねると、
「バカの壁」
「さおだけ屋~」


ゲイジュツがワカるヒトって…


俺は別に映画が嫌いなわけではない。
だが苦手だ。

なぜ苦手なのか、考えてみた。


本は自分の好きな時間に読む事ができるのに対し、
映画はまとまった時間がないと見られない。

本は自分のペースで読み進められるのに対し、
映画は自分のペースで観られない。

本は読みながら、自問自答できるのに対し、
映画はその余地がない。

他にもイロイロとその理由があった。

まとめてみると、

一方的に作り手のペースで話が進む事が、どうやら『苦手』の中心らしい。



ふとこの違いから、連想した事がある。

セックスとオナニーだ。


俺はセックスが好きだ。

俺の中でのセックスというものは、
『射精してスッキリ』とか
『征服感』とかではなく、
『他人と一緒に共同で成しえる』とか、
『一体感』といったものが、大きい。
また、快感の大きさと満足感はイコールではない。

自分の愛撫で相手が反応する。
それを感じて、また自分が。
相手の愛撫で自分が反応する。
それを感じて、また相手が。

感じ方はひとそれぞれだが、
間違いなく、自分と相手の呼吸で成立する。
どちらか一方でも欠ければ成り立たない。
相手が変わると、呼吸も変わる。
同じ相手でも、同じ事はない。

俺の中での『セックス』と『読書』は、非常に似通っているものだ。

対して、オナニーには、『一方的』『直線的』という印象がある。
これは、いったん始めたら、とことん自分のペースで進む、といったものだ。
これと同じ印象を、『映画を観る』ということから感じる。
俺にとって映画を観ることは、こちらの反応を無視した誰かのオナニーを、ノンストップで見なきゃいけない事と、深いところでは通じている。
これが悪いとは思わないが、一方的に相手のペースというのは好きではない。


人それぞれいろんな意見があるだろうが、
『映画が苦手』という理由でボクをいじめないでください。
いぢめるのなら、ベッ…








それにしても、『価値観』という言葉を連発するようなヒトに限って、
「映画が苦手」といったときの反応が…




……気のせいかなぁ。。。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

映画は好きだけれどセックスも好きです(笑)

自分は映画が好きですが、別に他人には強制しませんね。環境的に読書に不自由するところに住んでいますが。(謎)

しかし、先日見た映画ではスクリーン上でのギャグに観客がそれこそ「芸人の息に合わせて笑う」みたいに笑い転げていたのが印象的でした。まるで舞台みたいだったですよ。

たしかにビデオならともかく、映画は気がついた事があっても落ち着いて考える時間がなく、ドンドン先にいってしまうというのはありますね。

その辺はりょうさんの比喩もうまいと思います。まあ自分はどちらも好きですから。(笑)

浮気モノ | URL | 2005年12月05日(Mon)11:23 [EDIT]


映画好きですよ。
オナニーとは思わないんすけど、なんだろう。

自分のリズムで攻めてセックスするのも好きだけど、
相手のリズムに身をまかせてやるのも好きです。
タチもいいけど、ネコもたまにはいいね、みたいな。

おれが苦手なものは、日本語のミュージカルです。
どうしても笑いそうになります。英語なら平気なんです
けど、そしたら今度は何言ってるかわかんないです……。

とわ | URL | 2005年12月05日(Mon)19:46 [EDIT]


浮気モノさんへ

>自分は映画が好きですが、別に他人には強制しませんね。

皆がそうだといいのですが…
映画を見ないというと、白い目で見られてしまうことが間々あります。
別に嫌いなわけじゃないのですが、まとまった時間ができるとつい他の事を優先してしまうんですよね。
睡眠とか、睡眠とか、睡眠とか(笑)

映画に関して、最後にレンタルで見たのが見たのは『天使にラブソングを』
テレビは『ポセイドンアドベンチャー』
映画館にいたっては、『ペリカン文書』なんです。
俺は、人の顔を覚えるのが苦手なので(特に外人)、『天使に~』なんかはよかったのですが、『ペリカン~』なんかは、あらすじさえも…
そんなこともあってか、映画に対するハードルが高いのかもしれません。

>まるで舞台みたいだったですよ。

舞台なんぞ、ついぞ見たことはないのですが、なんとな~く判る気が。
ライブの一体感なんていうのと同じですよね。

>映画は気がついた事があっても落ち着いて考える時間がなく、ドンドン先にいってしまう

そうそう、コレなんです、問題は。
どうも他人よりペースが遅いのか、理解するのに時間がかかります。
まだ邦画ならせりふ一つにしても、共通の価値観の上にあるので、すんなりと理解できるのですが、
洋画になると、『何でそこでそういうセリフ?』とか『どうしてそんな風に考えるの?』とか、色々考えてしまって、その隙にドンドン先に進んでしまう、
なんてコトがよくあります(涙)
きっと、『そういうものだ』と捉えなければいけないのでしょうね。

>その辺はりょうさんの比喩もうまい

お褒めに預かり光栄です(笑)
俺は物事をまっすぐに説明ができないので、気が付けばすぐに何かにたとえてしまいます。
本当は正面から思っていることを伝えられればいいのですけどね。

でも、どちらも好きって…
浮気モノさん、数々の情事の間にオナニーまでやってるんですか?
…すごいです。
参りました。

りょう | URL | 2005年12月06日(Tue)00:05 [EDIT]


とわさんへ

>オナニーとは思わないんすけど、なんだろう。

説明してもかなりの方が同じように…
多くの人は、そういう捉え方をしないのかもしれません(涙)

>自分のリズムで攻めてセックスするのも好きだけど、
相手のリズムに身をまかせてやるのも好きです。

俺も好きですが、以前一度だけですが、とことん攻められたことがありました。
軽く拘束されて、泣いても叫んでも相手のペースで。
どうも軽いS様だったようで、俺が泣き出したらもっとノリノリになって…
その時に味わった快感がとんでもなくて。
自分の新たな一面を発見して、怖くなってしまいました。
それ以来、彼岸の彼方に行ってしまうのが怖くて、そういうのは敬遠しています。
でも今、そういうのに誘われると、ホイホイついて行って…

ミュージカルは見たことがないのでよくわからないのですが、『日本語のはツラい』って、よく聞きますよね。
好きな人と嫌いな人がはっきり分かれるみたいですね。
きっと日本語の語調に、合わないのかもしれませんね。
でも、唯一見たことがある芸能で、日本の歌舞伎がありますが、よく分かりませんでした。
日本の文化なのに…

貧乏性なのか苦手なものがあると、損をしているような気がします。
好みはそれぞれなはずなのに。
でもコレって、克服するようなものでもないので、『どうしたモンかな』って感じです。

りょう | URL | 2005年12月06日(Tue)00:30 [EDIT]


あれ?知らなかった??

>浮気モノさん、数々の情事の間にオナニーまでやってるんですか?
…すごいです。


いや、ごく普通では?(笑)
この10日間くらいに奥さんと4回、瀬里奈と2回放出しましたが(笑)、合間をみて5回くらいはオナニーしています。(笑)

実際もし精液の放出量が一生のうちで決まっているなら、そろそろ自分は尽きてもいいのかな?(笑)

浮気モノ | URL | 2005年12月07日(Wed)01:23 [EDIT]


ベツバラ

すごいですね、合間をぬって5回もなんて。
俺には真似できません(笑)

>実際もし精液の放出量が一生のうちで決まっているなら

最後の射精は『赤い玉が出て終了』なんて聞いた事がありますが、どんなモンでしょう。
でも先っちょから赤い玉が出るのだとしたら、結構…
なんだか新たなプレイみたいですね。

りょう | URL | 2005年12月07日(Wed)15:58 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。