ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

不快感が快感へ

ちょっと体調を崩した。
で、ちょっと大きな病院に行き、診察を受けた。

体中が痛く、内臓の疾患なのか、はたまた骨折なのか、全然検討が付かずに受けた診察の結果が、

『逆流性食道炎』

初めて聞いた病名だが、どんなモノだかは…(涙)


病名を特定する為に、レントゲンと胃カメラで撮影をした。
どちらも俺にとっては耐え難い苦痛なので、
「事務所に無断での撮影は、禁止されているのですが…」
と言ってみたが、当然ハナにもかけてもらえず、いざ撮影。


最初の撮影はレントゲン。
上着を脱ぎ、立ち位置を指定され、数秒で撮影終了。

お次は胃カメラ。
健康に(いわれのない)自信があった俺は、胃カメラをのんだことがなかった。
なので、今回が初めて。
どんなものかと戦々恐々。
診察をした先生が撮影をする事になったのだが、この先生、三十前のハンサムで、ちょっと華奢な優男風。
『こんなに若い先生で大丈夫なんかいな』
『タイプじゃないけど、イイ男だなぁ』
いろんな想いが交錯。
そして、ちょっと不安。
その上、親にも見せたことがない自分の内臓のマル秘ショットを撮られるとあって、落ち着かなさはピークに。


麻酔をかけ、マウスピースを嵌め、いざ胃カメラ!!!




…のっけからなんともいえない違和感。
本来食物しか通るはずがないところに挿入しているのだから当然である。
食道を押し広げて胃カメラが入ってくる感覚がたまらない。
「もう少し顎あげて」
すました顔で指示する先生。
少しずつ食道を広げながら入ってくる胃カメラ。
涙と涎でぐちゃぐちゃな俺。
それを平然と見ている看護婦。


「はい、胃まで入りました。とりあえず十二指腸の方も見ましょうね」
にこりともせず、苦悶の表情の俺に事務的に告げる先生。

長いケーブルを持ち、出し入れしながら撮影する先生を苦痛に耐えながら見ていると、そのうち不快感が徐々に…


どう考えても入るはずがないものを無理やり入れられ、
それだけでは飽き足らず、俺にとっての全裸など比べ物にならない、羞恥のきわみである体内を観察&撮影。
その上、そのことに無関心なハンサムな医者(無表情)。



そのシチュエーションに、少しずつ欲情する俺。



まさか『逆流性食道炎』に罹って、Mの悦びが分かるなんて思いませんでした。





………世の中、何がどう転ぶかわからない。








撮影した十二指腸を見ると、

牛や豚や鶏など、家畜の追随を許さない美しさ。

『やはり、人間様は違う』

と一人納得。






患部の食道は、ピンクのクロスにコーヒーを溢したみたいな…

……なるほど、胸が痛いはずだと納得。






そして胃カメラをのんだ事により、

『推定M』だった自分が『M確定』に。

………やっぱり納得(涙)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

胃カメラ

おれ、まだ胃カメラ処女です。
うわー、考えただけで苦しい。お医者さんは
入れながらイヤになったりしないのかな。

風邪ひいた時とか、ノドチンコ見る時の
金属ヘラみたいので、ノドを開けられるのも
イヤなくらいです。あんまりイヤだから、ヘラを
使わずとも、ノドをぐいっと開けられるようになりました。

ノドを開いた状態にすると、舌を
ノドチンコの奥にしまうこととかできます(笑)。
「舌が鼻につく」とかに近いプチ特技だと
思うんだけど、ビジュアルの生々しさにより、
あんま人に見せたことないです(笑)。

とわ | URL | 2006年03月19日(Sun)02:04 [EDIT]


Mよりも、お体お大事に~

いやぁ、タイプにいたぶられる快感はわかるわぁ~(笑)
オレだったらアソコ反応するかも(爆)
って、違うよ。

りょうさん、無理せずにゆっくり仕事してくださいね。
で、全快したらMの道を走り始めるという事で(笑)
僕はSは出来ないんですが、悶えるりょうさんを見届けるのは全然OKですからぁv-10

こう | URL | 2006年03月19日(Sun)20:25 [EDIT]


とわさん、どもです!

初胃カメラ経験、俺にとってセックス初体験と同じような感じでした。
最中は、ことさらたいした事をしていないのになんだか一生懸命で、
自分としては頑張っているつもりでも、結果自己満足にあがいていて、
やっている最中は大変に思っているけど、終わってみるとどうって事がない。
でも、終わってみると満足感というか達成感というか、そんなものを感じつつ、状況は変わらない。
俺にとってはそんなものでした(笑)
とわさんも『脱』胃カメラ処女を試してみては?


>風邪ひいた時とか、ノドチンコ見る時の
金属ヘラみたいので、ノドを開けられる

まさしくその感覚の延長線上でした。
体全体で異物を排除しようと躍起になっているにも拘らず、思い通りならず、不快感が募って…

>ノドを開いた状態にすると、舌を
ノドチンコの奥にしまうこととかできます

カメレオンの舌みたいに蛇腹になるのですか?
それとも鼻先をつつかれた亀みたいな感じですか?
はたまた、寒さに縮こまったチン☆みたいな感じですか?
いづれにしてもすごく興味がわきます。
花、和装、ネクタイに続く画像で見てみたいです。
でも、とわさんのブログの読者が一気に引くような気も…

りょう | URL | 2006年03月21日(Tue)01:34 [EDIT]


こうさん、どうもです!

胃カメラ自体は不快感でしたが、シチュエーションとの融合でとっても得した気分です(←きっと間違っているような気が…)

>で、全快したらMの道を走り始めるという事で(笑)

先日友人にこれと同じような事を宣言すると、
「病気が感知してからじゃ遅い。Mなら病気さえも楽しめ!!!」
と言われました(涙)
どうやらMの道は険しいようです。

>僕はSは出来ないんですが、悶えるりょうさんを見届けるのは全然OKですからぁ

Mにとって『求めているもの』を与えてもらえない、究極の『S様』の影がこうさんの後ろに見えるような気がします。
って、考えすぎ?

りょう | URL | 2006年03月21日(Tue)01:51 [EDIT]


ええっ!

>究極の『S様』の影がこうさんの後ろに

それは、一体僕のどんなところからですかぁ~(泣)
もう、こう聞いている時点で僕のほうがMでしょう~(泣・笑)

ブログでS日記なんか無いでしょう?
考えすぎですよ、きっと。
うん、きっと・・・・v-13

でも僕、痛いのはキライ・・・。

こう | URL | 2006年03月21日(Tue)20:08 [EDIT]


見届ける

欲しがっているものを与えず、じっと、最後まで見ているって、
十分『S様』かなって思います。
『たたいて縛って』とか物理的なものじゃなく、縋りたいのに縋らせてもらえないという『放置プレイ』に似た、心理的に攻める
上級者向けのS様
そんな感じが…

>ブログでS日記なんか無いでしょう?

確かにこうさんのブログで『S日記』はないですね。
でも相手に合わせて上手に緩急つけられる『オトナ』な匂いがそこかしこに立ち込めているように俺には感じられます。
なのできっと状況が整えばステキなS様に早変わりしそうな気がします。
痛いばかりがSMじゃない、そんな風に思います。
…ってSM未体験な俺が言っても説得力ないですね(笑)

りょう | URL | 2006年03月23日(Thu)01:14 [EDIT]


シェード・スクリーン

シェード・スクリーンを探すなら http://www.stumpwaterrock.com/100804/508284/

| URL | 2008年09月27日(Sat)11:43 [EDIT]


ニコチンパッチの美容効果

禁煙すると、イライラする、不安、体がだるいなどの離脱症状(禁断症状)が現れ、これがつらいためについタバコに手を出すことにもなりかねない http://mantilla.victoriaclippermagazine.com/

| URL | 2008年11月27日(Thu)02:31 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。