ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

心遣い

最近仕事が忙しく、時間がない。
もちろん休みも。

それだけでなく、仕事も低空飛行。
やっと、どうにかなっている状況だ。

そんなこんなで色々煮詰まっている状況で、精神的にも余裕がなく、
それがまた良くない状況を作り出して、悪循環に陥っている。


つい先日仕事中にちょっとしたトラブルがあり、
暗い中、専門外の作業(針金細工)をすることになった。
五分もあれば済む、ちょっとした事で、誰にでもできることなのだが、
手先が器用じゃない俺にとって、どうも上手くいかない。
まして、薄暗くなった野外での作業だったので、
能率が上がらなかった。

そんな時、池田さん(♀・実名)がライトで、手元を照らしてくれた。
おかげで、その後の作業はどんどん捗り、無事終了。
そして、作業が終わった俺に「おつかれさま」の一言を残して帰っていった。

そんな池田さんは、俺の会社の社員ではなく、
たまたま通りかかった近所の人だ。

以前何度か挨拶したことがあったが、それだけの付き合いの人で、
特に親しいわけでもなかったが、
暗い中で作業している俺を見て、わざわざ灯りを家から持ってきてくれたのだ。


もちろん家まで灯りを取りに行ってくれた事に感謝はしているが、
それ以上に、その心遣いがとても嬉しく、
思わず涙ぐんでしまった。

池田さんにしてみたら、ちょっとした親切心だったのかもしれないが、
八方塞だったその時の俺にとっては、
”女神様” に見えて、ついホロリとしてしまった。


ちょっとした心遣い、俺もさりげなくできるようになりたいと思った。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。