ゲイノナイゲイ

モテナイオイラニアイノテヲ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

不快感が快感へ

ちょっと体調を崩した。
で、ちょっと大きな病院に行き、診察を受けた。

体中が痛く、内臓の疾患なのか、はたまた骨折なのか、全然検討が付かずに受けた診察の結果が、

『逆流性食道炎』

初めて聞いた病名だが、どんなモノだかは…(涙)


病名を特定する為に、レントゲンと胃カメラで撮影をした。
どちらも俺にとっては耐え難い苦痛なので、
「事務所に無断での撮影は、禁止されているのですが…」
と言ってみたが、当然ハナにもかけてもらえず、いざ撮影。


最初の撮影はレントゲン。
上着を脱ぎ、立ち位置を指定され、数秒で撮影終了。

お次は胃カメラ。
健康に(いわれのない)自信があった俺は、胃カメラをのんだことがなかった。
なので、今回が初めて。
どんなものかと戦々恐々。
診察をした先生が撮影をする事になったのだが、この先生、三十前のハンサムで、ちょっと華奢な優男風。
『こんなに若い先生で大丈夫なんかいな』
『タイプじゃないけど、イイ男だなぁ』
いろんな想いが交錯。
そして、ちょっと不安。
その上、親にも見せたことがない自分の内臓のマル秘ショットを撮られるとあって、落ち着かなさはピークに。


麻酔をかけ、マウスピースを嵌め、いざ胃カメラ!!!




…のっけからなんともいえない違和感。
本来食物しか通るはずがないところに挿入しているのだから当然である。
食道を押し広げて胃カメラが入ってくる感覚がたまらない。
「もう少し顎あげて」
すました顔で指示する先生。
少しずつ食道を広げながら入ってくる胃カメラ。
涙と涎でぐちゃぐちゃな俺。
それを平然と見ている看護婦。


「はい、胃まで入りました。とりあえず十二指腸の方も見ましょうね」
にこりともせず、苦悶の表情の俺に事務的に告げる先生。

長いケーブルを持ち、出し入れしながら撮影する先生を苦痛に耐えながら見ていると、そのうち不快感が徐々に…


どう考えても入るはずがないものを無理やり入れられ、
それだけでは飽き足らず、俺にとっての全裸など比べ物にならない、羞恥のきわみである体内を観察&撮影。
その上、そのことに無関心なハンサムな医者(無表情)。



そのシチュエーションに、少しずつ欲情する俺。



まさか『逆流性食道炎』に罹って、Mの悦びが分かるなんて思いませんでした。





………世の中、何がどう転ぶかわからない。

つづきを表示

PageTop

ホモ失格!

先日ゲイバーに行った。

そこで精液の味の話になった。

居並ぶ人たちが、苦いのや、しょっぱいのや、スパイシーなのや、
その他諸々、体験談を面白おかしく脚色しながら話していた中、

「俺、精液の味って知らないんですよ」

と言ったところ、皆の目が一斉にこちらに向いて、

「あんた、どんなセックスしてんのよ!」
「いい年して、味知らないの?」
「最近いろんな病気があるから、いいことじゃないの」
「あのマッタリした喉越しを知らないなんて…」

…色々言われました。



どうやらその席で、味を知らないのは俺だけらしく、
二十歳くらいの子にも大笑いされました。



別に潔癖症というつもりはない。
でも、一応セーフを心がけてはいる。

別に味を知らない事に関してどうこうは思わない。
今まで機会がなかっただけの話である。
この先はどうなるのかわからないが、このままいけば当分味わう事はないだろう。


しかし、7~8人いた店の中で俺だけ未経験ということは、
多くの人達とイロイロと何かが違うのかなぁとも思う。



でも、そのことについて、そのゲイバーで

「あんた、正しいホモじゃないわね。ホモ失格よ!」

なんて言われてしまった。



これって、喜んでいいやら悲しんでいいやら。

とても複雑です。

つづきを表示

PageTop

おとなのじょうけん

先日同僚と酒の席で、
『大人になる条件は何か』
という話になった。

同僚達は色々な意見を、それぞれの立場から『これだ!』と思う事を言い合った。

『きちんと就職する事』
『結婚し、子供を作る事』
『二十歳になること』
『自分の子供っぽさに気付く事』

俺もイロイロ考えたんだが、これといったものが浮かばなかった。

その後酒の席はオヒラキになり、家へ帰ったのだが、この問いが頭から離れない。

手を洗っているとき。
歯をみがいているとき。
布団に入り、ホッと一息ついたとき。

考えど、答えは出ない。

『夜も更けて、そろそろ寝ないと明日がきつい』

そう思い、考える事を放棄しようとしたときに、俺なりの『大人になる条件』が見つかった。





その条件とは













『あきらめる』ということを覚えることだ。

つづきを表示

PageTop

出生届

テレビによると、世界には出生届が出されていない子供が、全体の55%いるらしい。
出生届を出すのは日本では当たり前のことだが、グローバルスタンダードではないらしい。
当然この子供達は、国民としての権利・義務がない。

学校に行けない。
社会福祉を受けられない。
etc…

出生届を出させ、より良い人生を歩めるように、どのようなことが必要か、また手助けができるのかなどを訴えている。


でも…

つづきを表示

PageTop

受験生必見!!!

年末に急遽京都に行った。
毎年一度京都に行くのだが、所用ができ、今年二回目のツアー。

自由に歩き回れるのが魅力のフェリーで大阪に着き、京阪で京都へ。
たまたま乗った電車が特急で、スピードが異常に速くて怖い。
しかもこの電車、JRに比べて車両がチャチなので、その点でも怖い。
そのうえ今回の車両が二階建てだったので、タッパもあり、怖さが倍増。
そんなこんなでプルプル震えているうちに、京都着。


用事を済ませ、時計を見ると午後一時。
最終の新幹線で帰るつもりだったので、時間はたっぷり残っている。
そこで、クリスマスに寂しがっていた股間の暴れん棒を慰める為に、
ハ○テ○バを探して行ってみた。

そのハ○テ○バは通天閣の近く。
地下鉄を降り、一路通天閣を目指して歩いていると、途中にアーケード。
関西人の日常を垣間見るチャンスとばかりに、アーケードに入ると…


どこもかしこも飲み屋だらけ。
しかも、どの店も『串揚げ』『どて焼き(←これってナニ?)』の暖簾が。
そのうえどの店も真昼間から客がいっぱい。


驚いた。


俺の家の近所でも『かくうち(←これって方言?)』があるが、町全体がだなんて…


そのほかにも妙な人形等もあり、
『さすが日本のワンダーランド・大阪、スケールが違う。』
などと地元の人が聞いたら憤死しそうな感想を持ちながら通天閣に到着。

通天閣って、ビルのような建物だと思っていたんだが、
実際は四隅に足があり、通天閣の真下は車が通行できるようになっていた。
ためしに通天閣の真下に立って見上げると大迫力。
『今通天閣が崩壊したら、エライことに…』などと考えたが、
古代中国人の『杞憂』
工藤静香の『♪空が落ちればいいの~』
などに比べて、自分のスケールの小ささに少し鬱。

そうこうしているうちにハ○テ○バに到着。
楽しいひと時を過ごしました。



終わり












オチ、ありません

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。